今井雅宏の無料コラム

2017.12.9 更新

<重賞データ分析コーナー>
*前日予想と違って、不定期だがほぼ毎週出走馬確定前に行っているMの次週重賞データ分析コーナー。
 前週のデータ分析を回顧し、当週の重賞を過去数年にわたってデータ分析しています。
出走馬確定前に分析しているので、今回の出走馬ではなく、あくまで近年の連対馬、人気で凡走した馬のステップを解析し、そのレースの質(特徴)を読み解くと同時に、Mにおけるデータ分析手法の実践を通し、その習得を目指したコーナーになります。

新たに編集S君の予想と、それに対する今井氏のワンポイントアドバイスコーナーが付いて、重賞分析がさらに使いやすく、増量パワーアップ!

---------------------------------------

阪神JFデータ分析


編;先週は4週連続GⅠ的中ならずでしたね~。他の勝負レースはばっちりだったので良かったですが。日曜はチャンピオンズC以外は中位人気の本命が2頭とも連対して、馬連1点目と4点目的中で、土曜の勝負レースは阪神7Rで本命が勝って2点目で馬単8160円的中ということでした。

今;あれは9頭立てなのに単勝も8.5倍付いて美味しかったよ。日曜の阪神7Rもそうだけど、わざわざ勝負レースで特別以外から選んでるときは、勝負度合いが強いよ。遅い時間に良いレースがないんでそこまで探していかないと駄目な日だったというパターンもあるけど。

編;土曜の勝負レースはチャレンジCも3連複2280円が2点目的中でしたし、勝負レースでこれだけ当たればだいたいみんな儲けたんじゃないですかね。今井さんもかなり良かったみたいじゃないですか(笑)。

今;ここのところ日曜の勝負レースが良いのはいいね。秋の初め頃は不良続きもあったけど、当たるレースが日曜の勝負レース以外だったから、みんなも買いにくかったろうし。ただ逆瀬川特別は読み違いだったよ。

編;本命のギモーヴがぎりぎり間に合わずに2着でしたね。

今;うん。少頭数で単勝6倍付けば美味しかったのに、日曜は内が伸びたんだ。土曜が外差しだったから、ほぼ4番人気のこの本命が勝って、相手も5番人気の外目の馬だったナイトオブナイツで美味しい配当1点目でいけると思ったんだけど。

編;確かに内の余計な2頭が粘って、4点目か何かの馬連的中になっちゃいました。

今;外伸び馬場で少頭数ならハービンジャーの外寄り2頭で決まるって読みだったけど、内が伸びたからハービンジャーはハービンジャーでも先行馬の方に残られちゃった。早くも内が固まってきたのか、それとも日曜だけの現象だったのか。今週は日曜にGⅠあるしね。土曜から馬場よく見ていかないとだね。何れにしてもハービンジャーはやっぱり面白いけど。

編;ですよね~。

今;チャンピオンズCはレース質をどこに持っていくか、難しかった。

編;今回はラインも来ないでしらっとしてましたし、解説も「絞りづらい」ということで、手応えなかった感じですか?

今;人気とのバランスで別路線のロンドンタウンにしたけど、海外帰りで体調が読み切れない馬で、確かな手応えまでの馬はいなかった。一つ、このレースのレース質として見えてきたものがあったのは、終わっての収穫だったけど。

編;どういうものですか?

今;レースそのものはスローで、先行馬と道中外を回らなかった速い上がりを出せる差し馬以外は用無しという競馬だった。勝ったゴールドドリームは延長中京1800mは若干長いから、上がりだけのレースを内で体力を温存出来て実質マイル戦になったのは良かった。外回った馬はもうレースを投げ出しちゃうタイプのレースだよ。ただこれらのことはペース次第で毎年変わることだから、特別発見らしい発見ではないから。

編;他には?

今;ダート戦、しかもフェブラリーSより立ち位置の中途半端なGⅠだから、カテゴリーストレスの影響はやや弱いね。ただもちろんゼロでもない。タフなメンバーとの対戦をある程度こなしてきながら、短中長期鮮度の何れかをある程度維持している馬に有利だということじゃないかな。結果からすると。それとこのレースに照準を定めて、ある程度熱している馬でないと危ないということかもしれない。中京になって、レース質が若干変化しているのかも。

編;なるほど、ダートGⅠらしいポイントですね~。ところで辞典はどうです?先週は公式ホームページでアップしてましたが。

今;キングズベストなんかは面白いよ。

編;というと?

今;エイシンフラッシュが外国産馬で走っていたけどね。それともちょっと違う。C系ともS系とも、どっちかな。ただ忙しくなってきたんで、もうデータ分析にいこう。

編;では昨年ですね。昨年はアイビーS勝ちの1番人気ソウルスターキングが勝ちました。ただこのステップは今年ないので2着馬です。2着はアルテミスS1着の2番人気リスグラシューが来ました。

今;アルテミスS連対馬は8頭中4頭が3着以内だ。レース間隔が開いているし、同路線も少ないんで、安定感はある。ただ8頭全てが当日4番人気以内の人気馬で、勝ったのは1頭だけだから、マイル重賞連対後のストレスを考えれば、もちろん期待値は高くない。来た4頭中3頭が前走1番人気。やはり激走でなかった馬なら心身疲労が少ないんで、いつものように有利ではある。4頭の中で唯一来なかった馬は、2走前もマイル重賞。2走前もマイル重賞だったのはその馬だけだから、さすがにマイルのトップクラス続きだとストレス面が怖くなってくるね。
 前走2番人気以内でなかった馬で唯一来た馬は前走9番人気だったから、2番人気以内でなくても怖さはある。その馬は2走前が未勝利だった。いつもの実績がないから人気がなかったタイプだね。そういうタイプでもコケている馬もいるけど。
 あと来た4頭は全て前走3角9番手以内。9番手以内だった馬なら5頭中4頭が来ている。さすがに追い込み連対だとMの基本ストレスがきついということと、広くて単調な東京マイルを追い込むというL質な競馬をした後の阪神で相手強化というS質に向かうステップだと、嫌がる率は高くなる。あと、前走後ろ過ぎると、相手強化のペース激化で後ろに回るMの基本ショックを掛けにくいという物理的な不利もあるよね。来た4頭中3頭が前走より3角の位置を下げる、後ろに回る位置取りショックを施していたから。

編;3着のレーヌミノルは京王杯2歳S連対後の3番人気でしたが、このタイプの登録はないので15年にいきましょう。

編;15年はアルテミスS2着後のメジャーエンブレムが1番人気で来ました。アルテミスS連対馬はさっき見ましたね。2番人気以内で連対している、確率の高いタイプでした。

今;しかも1番人気で2着と人気を裏切った形だから、余計に疲れは少なかったね。それとアルテミスSを前に行っている、来やすいタイプでもあった。

編;2着のウインファビュラスはアルテミスS5着後の10番人気でした。

今;アルテミスS3~5着馬は、6頭中1頭が3着以内。データが少なくて分析には無理があるけど、全て7番人気以下の人気薄で、他に9番人気4着の馬もいたから、注意は必要だ。来た馬は前走3角10番手だった。4着の馬も12番手だから、連対馬と違って、東京の緩い流れで控えて凡走して、相手強化で流れが速くなって嵌まる、あるは広い東京を意識して敢えて控えて失敗して、今回は本来の好位への位置取りショックをしてくるみたいなタイプが面白そうだね。データが少なくて人気薄ばかりだから、極端な脚質なら他のパターンも怖いけど。

編;3着のブランボヌールはファンタジーS3着後の3番人気でした。

今;ファンタジーS3~5着馬は、30頭中4頭が3着以内。来た4頭中3頭はファンタジーSが1番人気で人気を裏切った、走っていないから心身疲労の少ないMの基本タイプだね。このタイプだと9頭中3頭が来ている。その来た3頭中2頭が前走3角3番手。前走3角3番手以内の馬は3頭中2頭が来ていて、残りも4着だから怖い。この4着以内の3頭は今回差しに回る位置取りショックを施して来た。勝ちに動いて凡走して、相手強化で少し矯めて乗る位置取りショックだね。来た残りの1頭は逆に前走3角11番手。前走3角10番手以降の馬は2頭しかいないで、そのうち1頭が来たことになる。やっぱり確率の低いステップだけに、前走極端な脚質が嵌まらずに凡走したタイプが面白い狙いになるね。
 ファンタジーSが2番人気以下だった馬だと、21頭中1頭しか来ていない。唯一来た馬は、前走17頭立ての17番手と最後方。やっぱり来にくいステップの基本、極端な脚質が嵌まらなかったタイプだね。これもいつものことだけど、今回位置取りショックの余地を大きく残す点でも優位だ。その馬も今回3角5番手だから、かなり大きな位置取りショックを施していた。あと来た馬は2走前にOPを勝っていて、そのMのストレスで連を外した、所謂調子そのものを崩したわけではないタイプだね。

(続く)

---------------------------------------

コラムの続きをご覧いただくには『推奨レース&重賞 2,100P』か『重賞予想 1,200P』のチケットをご購入ください。

コラムの続きは土日いずれの日の講義の中でもご覧いただけます。


推奨レース&重賞12月9日(土)(2,100P) 購入 推奨レース&重賞12月10日(日)(2,100P) 購入 重賞予想12月9日(土)(1,200P) 購入 重賞予想12月10日(日)(1,200P) 購入

Copyright© 2003-2017 iCube Co,Ltd.