ホーム閲覧方法競馬放送局とはサポート

講師
馬場虎太郎 厳選勝負レース サンプル

☆馬場状況からの狙い
札幌10R 芝1200m
想定馬場コンディション「稍重い〜標準」
想定トラックバイアス「外・差」

先週、古馬混合の札幌芝1200mは3レースが行われ、その全てをトラックバイアス「外」もしくは「超外」と判定。3着内に好走した9頭のうち8頭は5枠よりも外の枠、4枠より内で3着内の1頭は最初のコーナーを二桁位置取りの後方通過馬。内を通るアドバンテージがほぼなく、外枠が走りやすい状況になっていた。
また、3レースのうち2レースはトラックバイアス「差」と判定する先行に厳しい状況も同時に発生。

外めの枠、そのなかでも差せるタイプを狙いたい。

◎14.アットザシーサイド
○16.イキオイ
○12.マイネルエスパス
△10.ベリースコール
△11.シンフォニア

A 14
B 12、16
C 10、11


☆馬場状況とコース傾向からの狙い
札幌9R 芝2600m
想定馬場コンディション「標準」
想定トラックバイアス「 ・差」

土曜の札幌芝はコース取りによる偏りがほとんどない状況。

このレースは先行して実績のある馬が多く、前半の激しいポジション争いが想定される。

札幌芝2600mの古馬混合戦でこういったパターンのレースでは差し有利率が非常に高く、トラックバイアス「超差」と判定される追い込みが圧倒的に有利なレースも頻発する傾向にある。
後方位置取り馬の上位独占を狙いたい。

◎マイネルクラフトは前走トラックバイアス「内・前」。ダービー当日の高速馬場でメンバー構成も強力、内を通る馬と先行が有利な状況のなかで後方から外を回しては絶望的だった。

◎5.マイネルクラフト
○8.ピッツィカート
○12.コスモピクシス
△6.ラッシュアワー
△7.トロピカルストーム
☆11.エアワイバーン
☆13.ゼットスマイル

A 5、8、12
B 6、7
C 11、13


☆レース傾向からの狙い
阪神11R チューリップ賞 芝1600m
想定トラックバイアス「 ・ 」
想定馬場コンディション「稍軽い〜標準」

先週の阪神芝は週中の雨量が多かったが、重くはないコンディションになり、路盤の状態が良さそう。
今週は雨の影響が全くないと言ってよく、軽めのコンディションが想定される。

過去4年の当レーストラックバイアスは
2013年「 ・超前」
2014年「 ・前」
2015年「内・差」
2016年「 ・前」

過去4回とも馬場コンディションが異なっており、2013年「稍重い」、2014年「標準」、2015年「重い」、2016年「稍軽い」と判定している。
今年は想定される馬場コンディション「稍軽い〜標準」。2014年、2016年に近いコンディションで行われる可能性が高い。

2014年と2016年はどちらもトラックバイアス「前」の先行した馬に有利な状況と判定しているがどちらのレースも1、2着は差し馬だった。
軽めのコンディションで行われる当レースは馬場の状況としてはトラックバイアス「前」と判定されるような先行有利な状況になりやすいものの、それと同時に軽い馬場により直線で先行する馬を上回るスピードを発揮できる能力のある馬にとってもむしろ走りやすい。
2014年1着ハープスター、2着ヌーヴォレコルト。2016年1着シンハライト、2着ジュエラー。
トラックバイアスに抗って上位に走ったこの馬たちは次走の桜花賞でもそのまま好走したように、実力が反映される。

今年も桜花賞でも好走できるぐらいの実力馬がそのまま走ることが濃厚。

今年の出走メンバーのなかで、トラックバイアス「前」と判定した先行有利な状況を3コーナー6番手以下から3着内に好走したことがある馬は
ソウルスターリング
ミスパンテール
ミリッサ
リスグラシュー
レッドリボン

また、2014年と20116年で3着内に好走した6頭中4頭が出走馬の半分より外の枠。外めの枠も乗りやすい。

該当馬のなかでも、外めの枠から狙いたい。

◎ミスパンテールは前走トラックバイアス「内・前」。内を通る馬が有利になりやすいコース、さらに新馬戦特有の超スローペースになった競馬で、大外枠から終始外を通る形になりながら差し切る高パフォーマンスだった。

◎7.ミスパンテール
○10.ソウルスターリング
△1.ミリッサ
△3.リスグラシュー
△9.レッドリボン

A 7
B 10
C 1、3、9


買い方
・馬連、馬単はAのボックスとAからBとCに流し。本線はAのボックス、A-B
・3連複はAのボックスとフォーメーションでA-A,B,C-A,B,C,D。本線はAのボックス、A-A-B、A-B-B、A-A-C


Copyright(C)iCube,Inc. All rights reserved.