ホーム閲覧方法競馬放送局とはサポート

講師

水上学『推奨レース』サンプル

■競馬放送局 1月9日講義(月)■

天候の急変や、推奨馬に当日、大幅な馬体重増減などが起きた場合は、
恐縮ですがご自身の判断で、取捨をお決め下さい。
印の組み合わせや買い方も自己責任でお願い致します。
競馬場別に出していますので、発走時刻にご注意ください。

全場良を想定しています。

京都1R
◎11チカリンダ
○10メジロマリシテン
▲ 2ホワイトアルバム
△16ビューワールド
△14クローバーリーフ
△ 4フローガ
△ 9オカノジョーカー

初ダートを迎える11番だが、新馬戦ではダノンバラードからコンマ9秒差に
流れ込んでいる。切れないタイプでダート替わりは母方の血からもプラス。
甲乙つけ難い相手は前走でコスモヘイガーと0秒3の競馬をした10番、
こちらも切れが鈍くダート向き。牡馬の強いところを相手に、
芝でソコソコ闘ってきたこの2頭が牝馬限定戦なら一枚上だ。

京都8R
◎ 9スズカイルマン
○ 8シゲルケンシン
▲ 2レッドジール
△ 7アイディンパワー
△15クレスコワンダー
△14インペリアルマーチ
△ 4ヘイセイユニバース

芝ではリディルと僅差の競馬、未勝利戦は上がり最速で完勝。
1年ぶりに前走復帰した9番は、その前走で先行し息を作った感。
血統からもダート、距離短縮はプラスに出るはず。
人気の7番はジリの上に3キロ増、過信禁物。

京都11R シンザン記念
◎14ツルマルレオン
○12ドナウブルー
▲13シャイニーホーク
△ 5アドマイヤサガス
△ 4マルセリーナ
△ 1オルフェーヴル
△15シゲルシャチョウ

12番は前走相当な瞬発力を見せたが、リファールの近親配合の強さと、
早熟っぽい配合による完成度が相まった感。上積みがあるかどうか。
叩かれつつドンドン内容を挙げてきた14番は、前走のタイムが古馬1000万を上回った。
マイルの方が良い配合で、逆転可能とみた。

中山2R
◎11ルーズベルト
○ 6サトノオーランド
▲ 9ニシノオウガイ
△16ケンタッキーツヨシ
△ 3ゲンパチポロン
△10アイティテイオー

全兄エジソンが当該コースで500万勝ち、江戸川特別4着している11番。間隔空いたが
乗り込み量豊富で、いきなりでも対応できそうだ。相手は6番。穴は初ダート9番。

中山5R
◎ 1マイネルグラード
○11キングダムキング
▲ 9アドマイヤアジナ
△12ザベルオンアース
△ 2ジャック
△ 3シルクオフィサー
△14グレートマーシャル

1番は札幌の未勝利戦で、フェアリーSで上位人気の一角となるスピードリッパーを、
差し辛い流れから伸びてきてクビ差まで迫った。
休み明けの前走もいきなり逃げて2着。この相手ならスンナリだろう。

中山11R ジャニュアリーS
◎16ファイナルスコアー
○15セントラルコースト
▲ 9ティアップワイルド
△ 5グランドラッチ
△13ダイワディライト

16番は当該コースで12戦9連対、3着1回、4着1回とほぼパーフェクト。
このコースならオープンでも十分通用するはず。
しかも前が速くなりそうで、差し馬向きの展開になりそうなのもプラスだ。


Copyright(C)iCube,Inc. All rights reserved.