ホーム閲覧方法競馬放送局とはサポート

講師
2017.3.25 更新

<重賞データ分析コーナー>
*前日予想と違って、不定期だがほぼ毎週出走馬確定前に行っているMの次週重賞データ分析コーナー。
 前週のデータ分析を回顧し、当週の重賞を過去数年にわたってデータ分析しています。
出走馬確定前に分析しているので、今回の出走馬ではなく、あくまで近年の連対馬、人気で凡走した馬のステップを解析し、そのレースの質(特徴)を読み解くと同時に、Mにおけるデータ分析手法の実践を通し、その習得を目指したコーナーになります。

新たに編集S君の予想と、それに対する今井氏のワンポイントアドバイスコーナーが付いて、重賞分析がさらに使いやすく、増量パワーアップ!


---------------------------------------

高松宮記念データ分析


編;いよいよ今週は春GT開幕、高松宮記念ですよ!昨年はビックリの珍しい重賞で1番人気本命で馬単3点目的中、3年前は8番人気の人気薄スノードラゴン本命で馬連万馬券を3点目的中と、3年連続で本命が馬券対象になっている、得意なスプリント戦です。今年も期待してますよ〜。

今;1200mGTはペースが速くなりやすいから、Mの適用は楽なことが多いからね。昨年のスプリンターズSみたいに1200mなのに緩い流れになって万馬券的中の筈が、僅かに届かなかったなんてときもあるから怖いけど。あとは馬場が特殊なのにならなければ良いよね。それと馬体重ね。先週の重賞はファルコンSもスプリングSも大幅に減っちゃったから。オールザゴーは変動が激しいタイプだから大幅減でも走れることもたまにあるから注意書きには書かなかったように大幅増減でも買ってもよいけど。あのレースはペースアップしちゃって、前は残れない流れだったのが大きいかったからね。馬体減りで体力が減退しているときに、先行馬総崩れのペースで前に行っては、体力的にもたなくなる。

編;人気のモンドキャノン含めて先行馬はみんな惨敗でオールザゴーが一番頑張ってたくらいの、追い込み競馬でしたもんね〜。ワンポイントアドバイスで減ると危ないって話だったので、きついかなとは思いましたが。

今;ペースアップすると中距離は残れない馬場だったよ。この時期は輸送と気温の上昇で減ってはいけないタイミングで大きく減る馬には注意だけどね。逆に日曜の勝負レースだった山陽特別のアポロノシンザンの8キロ減なんかは指定通りの大幅減だから、ああいうレースで思いっきり勝負すればよいよ。

編;あのレースは乗り方も指定通りの逃げだったので楽勝でした。

今;馬体重と位置取りが合っていれば理想だけど、位置取りは最終的に騎手の判断だから、とにかくまずは馬体重だ。日曜に予想した5レースも、馬体重が指定通りだった3レースは本命が1着2頭で、残りも3着だったろう?

編;馬単4520円とか当たってましたよね。確かに残りの「絞れて欲しい」という話の2頭は絞れずに来ませんでした。

今;暖かい時期だからむしろ減りすぎるかと心配したくらいだけど、減らなかった。「絞れて欲しい」というコメントはそれほど強い要請でないから、そのまま本命から大きく勝負してもよいけどね。ただ対抗のビヨンジオールの方が人気なくて、同じように解説で絞れて欲しいでこっちは絞れてたから、あの馬体重と馬場の関係性なら、こっちからも抑えたほうが良い。

編;結局ビヨンジオールが来て、相手も68点の馬で決まりましたもんね。

今;驚いたのが中山のダートで、前週までと一転して良馬場なのに高速の前残り馬場になっていた。中間に雨が降った影響かとも思って月曜は乾いての深い馬場想定にして予想したら、結局軽い前残り馬場のままだった。

編;あれは確か本命が、「力の要る馬場向いて」で、3着止まりでしたよね。

今;馬体重が合っていて、唯一月曜日に本命が勝たなかったレースがあれだったように、やっぱり馬体重と馬場のコメントを見てレースを選択した方が良いよ。でも、あの結果が、週中の雨の影響が尾を引いたものなのか、あるいは暖かくなって不凍液とか何らかの処理をしなくなった影響なのか、あるいは砂厚の問題か、散水か、それは今週土曜のコンディションに注目しないとだね。

編;では昨年の高松宮記念ですが、シルクロードS5着のビッグアーサーが勝ちました。これが本命だったわけですが、シルクロードS凡走馬はどうですか?

今;シルクロードS3〜5着馬は5頭中2頭が来ている。データ数が少ないから分析するのは難しいけど、一応見てみると、来た2頭は前走3角6番手以降。来なかった3頭は先行していた。そもそも京都のGVなんて単調だからね。差し届かなかった馬が、GTの流れ激化で嵌まるみたいなのが理想だろう。あと来た2頭の2走前は1200m以外だった。凡走したとは言え、同距離前哨戦でそこそこ走っているストレスはあるわけだから、カテゴリーストレスの薄い方が有利ではあるだろう。

編;2着のミッキーアイルは阪急杯1着後でした。

今;阪急杯連対馬は、15頭中8頭が3着以内。短縮が掛かるから、まずまず相性は良い。来た8頭中7頭が前走3角5番手以内。3角7番手以降だと、5頭中1頭しか来ていない。前哨戦の1400mで後ろからだと短縮の本番で間に合わない可能性が高くなる。唯一来た馬は前走1番人気2着で力を出し切ったわけではないし、2走前は12月中旬だった。つまり蓄積疲労の少ないタイプだね。それでも今回は1番人気3着だったけど。前走5番手以内だと10頭中7頭が来ている。1200mGTということで、どっちかっていうとタフな短縮ショッカー向きだね。来なかった3頭は今回も3番手以内で先行していた。先行して来た馬も一杯いるしペース次第だから駄目ってことでもないけど、まぁショッカーの基本として、ペースアップしてのタフな競馬なら差しに回る基本的位置取りショックが無難ではある。あとこのタイプで来なかった馬の3頭中2頭が2走前に1200m。2走前が1200mで来た馬もいるけど、やはりカテゴリーストレスは薄い方が良い。

編;3着のアルビアーノはオーシャンS5着後でした。

今;オーシャンS3〜5着馬は、18頭中3頭が3着以内。来た3頭の2走前は香港スプリントとシルクロードSとマイネルCS。つまり2走前にJRAの1200m重賞だった馬は1頭だけ。1番人気の馬も1200m続きで消えているように、カテゴリーストレスは薄い方が良い。ちなみにシルクロードSで来た馬は、4走前まで準OPの条件戦を走っていて、3走前は1400m。1200mのトップクラスカテゴリーストレスはここ2走だけの馬だった。あと来た3頭中2頭は前走1番人気で凡走と人気を裏切ってストレスの無かった馬。もう1頭は8番人気だったけど、さっき見たカテゴリーストレスの薄い馬で、実績が無かったという、人気関係のデータではいつも出てくる基本パターンになる。

編;15年は外国馬が勝ちましたが今年は登録がないので、2着馬ですね。2着はオーシャンS2着のハクサンムーンでした。

今;オーシャンS連対馬は18頭中3頭が3着以内。やはり同距離重賞連対馬だから、ストレスから期待値は当然低い。来た3頭の2走前は1400mで、JRAの芝1200mだった馬は13頭全て4着以下になってるから、当たり前だけどカテゴリーストレスは薄い方が良い。2走前が1200mでなかった馬なら、5頭全てが5着以内に走っているからね。あと、来た3頭中2頭が道悪だった年。馬場が特殊になるとデータがイレギュラーになりやすいのと、タフな中山からだから、道悪馬場との親和性が高いということになる。

編;3着のミッキーアイルは阪急杯連対馬でした。

今;前走前に行っていたという、さっき見た阪急杯連対馬には相性の良いステップだね。1200mを走ったことがないから短縮ショッカーではないけど、そのぶん1200m鮮度ももちろん高かったから。

(続く)

---------------------------------------

コラムの続きをご覧いただくには『推奨レース&重賞 2,100P』か『重賞予想 1,200P』のチケットをご購入ください。

コラムの続きは土日いずれの日の講義の中でもご覧いただけます。


推奨レース&重賞 3月25日(土)(2,100P)  購入
推奨レース&重賞 3月26日(日)(2,100P) 購入
重賞予想 3月25日(土)(1,200P) 購入
重賞予想 3月26日(日)(1,200P) 購入

Copyright(C)iCube,Inc. All rights reserved.