ホーム閲覧方法競馬放送局とはサポート

講師
2017.9.15 更新

<重賞データ分析コーナー>
*前日予想と違って、不定期だがほぼ毎週出走馬確定前に行っているMの次週重賞データ分析コーナー。
 前週のデータ分析を回顧し、当週の重賞を過去数年にわたってデータ分析しています。
出走馬確定前に分析しているので、今回の出走馬ではなく、あくまで近年の連対馬、人気で凡走した馬のステップを解析し、そのレースの質(特徴)を読み解くと同時に、Mにおけるデータ分析手法の実践を通し、その習得を目指したコーナーになります。

新たに編集S君の予想と、それに対する今井氏のワンポイントアドバイスコーナーが付いて、重賞分析がさらに使いやすく、増量パワーアップ!


---------------------------------------

セントライト記念データ分析


編;先週は準勝負レースの方になっちゃいましたね。土曜の阪神は9Rから12Rまで連続的中で、阪神最終では本命の単勝2230円、馬単、3連複がばっちりでした。

今;土曜で外差し馬場かなとは思ったけど、計算以上の外差し馬場になってしまったのが誤算だった。開幕は外差しが決まるように馬場が設定してある可能性がそれなりに高いんで、ある程度は対応しておいたんだけど。紫苑Sは速い流れも想定されたから外差しになる確率が高いとよんで、そういう流れなら何度か解説しているように、特にある程度それまで前に行っていて、今回差しに回る位置取りショック馬が一番有利になる。実際は遅い流れでも差し競馬になっちゃったけどね。

編;確かに3着まで、全て前走より後ろに回る位置取りショックをかけた馬でしたね。

今;いや、6着以内に入った馬全てが、前走より後ろに回る位置取りショックだよ。S質条件での差し競馬の基本になる。そこで、前走好位からで、本来は差し馬だから差しに回るはずの人気薄ナムラムラサキにしたら、何故か先行しちゃったよ。過去に一回だけ先行して凡走した差し馬が、前に行ってしまうとは読めなかった・・・。あの時点でアウトだったよ。差しに回る位置取りショックは、それまでの戦績である程度読めるけど、この騎乗は読めなかった。

編;逆にエニフSは前に行く位置取りショック狙いでしたね。7番人気の人気薄本命で3連単の万馬券を当てたやつです。3着以内独占で、3連複は1点目的中でしたが。

今;あの位置取りショックは分かりやすかったよね。2走前に和田が先行の位置取りショック掛けて好走した馬で、その和田に乗り替わりだから、確実に前に行く位置取りショックをしてくれるはず。それでしなかったら、ショックを通り越しちゃうから。あの馬はほぼ逆ショッカーだったんだよ。

編;確かに。前走が1角8番手、2角9番手、3角4番手、4角7番手ですから、3角だけ4番手なのでほぼ逆ショッカーの準ショッカーですね。

今;これも何回か話しているけど、この3角だけ5番手以内でない形は普通の逆ショッカー以上に激走確率は高いからね。活性化されているから。3角だけでなくても、捲り気味に動いて、3,4角では5番手以内に入る形も良い。この馬は捲り気味に動いて、かつ4角で下がってで、その両方だから相当確率は高くなるよ。そもそも近20戦のうち、3角8番手以内を外したのは前走含めて2回しかなくて、もう1回も格上げ戦の9番手でぎりぎり満たさなかっただけだから、積極策の和田への乗り替わりも含めれば、出遅れなければほぼ100%、逆ショッカーは完成する。いつもいうように、逆ショッカーの場合なら、こういう分かりやすいのを買うのが一番だよ。対抗にした断然人気がほぼ来ちゃいそうだから単勝期待値としてどうかと思って準勝負レースにしたけどね。

編;今週は勝負レースの方を当てて貰おうということで重賞分析ですが、月曜のセントライト記念にしましょうか。昨年はダービー3着以来の1番人気ディーマジェスティが勝ちましたよ。

今;ダービー3〜5着馬は、11頭中5頭が3着以内。11頭中8頭が4着以内だから、安定感は抜群だね。ただ逆に言うと、11頭中10頭が当日2番人気以内の人気馬で、その半分が消えているとも取れるけど。来た5頭中4頭が今回3角5番手以内、4角では5頭全てが4番手以内には上がっていたので、機動力のあるタイプがベターだ。ただ今回3角3番手以内だった馬は3頭全て消えている。位置取り系のデータだから、ダービーとセントライト記念が一般的なペース関係になったときで流動的な話になるけど、広いコースから短縮の中山であまり強気に動きすぎると前半に負荷が掛かりリスクは一般論としては出てきやすくなる。ただ機動力がなさすぎると、それはそれで休み明けの中山では間に合わないリスクが増すということだね。総合すると、機動力のある好位差し馬に有利ということになる。
 また来た5頭の2走前は、3頭がプリンシパルSだった。2走前がOP特別だったのはこの3頭だけ。つまり別路線で中期鮮度がある馬の方が若干有利になる。2走前が重賞だった馬だと8頭中2頭が3着以内。その2頭は3走前が2月以前。消えた残り6頭は全て3月以降だった。つまり王道路線、トップクラス過ぎる馬、特に蓄積疲労がある馬には、休み明けとはいえ、ダービー好走後だからストレスに注意ということだね。もちろん3走前が3月以降でも構わないけど、その場合は疲れのないステップ、ないし鮮度の保てるステップを踏んでいる馬が良いだろう。

編;2着のセーヴィントはラジオNIKKEIを1着後でした。

今;福島で行われたときのラジオNIKKEI連対馬は、12頭中7頭が3着以内。レース間隔が開いて、条件も全く違う重賞だけに、ストレスが少ないので統計を取れば率はどうしても高くなる。来た7頭中6頭が前回3角7番手以内。前走7番手以内で消えた馬も3頭いるけど、比較的前目で競馬をして、先行馬の延長という順ショックの方が若干率は良い。3角8番手以降だと4頭中1頭のみが来ている。来た馬は今回も3角16番手。ここまで徹底して追い込む形なら、流れに嵌まっちゃうときは嵌まっちゃうからね、安定感は無いけど。あと2走前も1800mだった馬は4頭中1頭だけ。来た1頭は前走3角では1番手でやや重の年。特殊な馬場、極端過ぎる脚質の馬は、やっぱり嵌まる可能性はあるからね。基本的にはバウンド延長の方が確率は高くなる。
 それと前走で3番人気以内だった馬は7頭中6頭が来ている。やっぱり弱い相手に力通りなら、ストレスは少ないからね。来なかった1頭は2走前先行して前走追い込みと、かなり大きな位置取りショックを掛けていたから、反動があった。当たり前だけどこのデータの意味は、問題は人気ではなく、前走でどれだけM的に負荷が掛かる、ストレスの残る競馬をしたかということだから。前走4番人気以下だと5頭中1頭と率は下がる。その1頭はさっきも出てきた、前走3角1番手で、やや重の年という、イレギュラーが起きやすい、極端な脚質や、特殊馬場の年だった。

編;3着のプロディガルサンはダービー10着後の5番人気でした。ただこのタイプの登録はないので、次にいきましょうか。

編;15年はやっぱりダービー惨敗後のキタサンブラックで、2着馬もダービー惨敗後のミュゼエイリアンなので、3着ですね。3着は500万勝ち後の10番人気ジュンツバサでした。

今;500万勝ちは57頭中8頭が3着以内。ちょっと数が多いから、芝の1800mと2000mで見てみよう。そうすると、30頭中6頭が3着以内。穴人気で消えた馬も結構多いけど、超人気薄の二桁人気で来た馬が3頭いて、他に二桁人気であわやの4着だった馬も3頭いるから、さすがに鮮度馬だけに期待値が高いし、穴では特に怖いね。来た6頭中5頭が前走4角では5番手以内に上がっていた。このタイプなら20頭中5頭来ていて、今回3角6番手以内に上がった馬なら15頭中5頭来ている。来たのはほとんどみんな人気薄だから、期待値は高いね。つまりある程度機動力のある馬で、かつ前走で刺激を受けている馬がベター。500万だと流れも単調だから、相手強化で道中のプレッシャーが増えるリスクがあるからね。鮮度は高いわけだから、問題はほとんどそのリスクに集約される。ある程度S質の刺激がそれまでにないとだよ。だから、より短い1800mの方が2000mからより若干成績も良い。特に軽さが要求される良馬場だとそういうタイプの激走が目立つ。2000mからも来ているけどね。
 前走で3角9番手以降だった馬は8頭中2頭が来ている。その2頭は当日3,4番人気だった馬。前走先行して来た馬は全て人気薄だったように、期待値は下がる。前走後方で今回来た2頭は前走1番人気で0.3秒差以上千切って勝っていた馬。つまりかなり力自体が上で、絶好調でもあったということだね。鮮度だけを頼るとなると、ある程度機動力を前走見せていた馬がベターということだ。ただ、1番人気1着で千切って勝っていても、来なかった馬も多い。逆に走りすぎた反動が出るリスクがあるのと、先行して千切っている場合だと前半の負荷が軽すぎた可能性があるので、格上げのペースアップに対するリスクも若干出てくる。少し負荷が掛かる形で、それでいて楽に勝てた馬が、一番期待値が高いということだよね。まぁ、これはこのレースに限らず、格上げ戦の馬共通のポイントにはなるけど。もちろん、ジュンツバサがステイゴールド産駒だったように、C要素はあるに越したことはないだろう。

(続く)

---------------------------------------

コラムの続きをご覧いただくには『推奨レース&重賞 2,100P』か『重賞予想 1,200P』のチケットをご購入ください。

コラムの続きは土日いずれの日の講義の中でもご覧いただけます。


推奨レース&重賞 9月16日(土)(2,100P)  購入
推奨レース&重賞 9月17日(日)(2,100P) 購入
重賞予想 9月17日(日)(1,200P) 購入
重賞予想 9月18日(月)(1,200P)  購入

Copyright(C)iCube,Inc. All rights reserved.